ラジコン

唐突ですが、本日よりラジコンを始めることになりました。

順を追って経緯をお話すると、空中庭園展望台に登れなかった日のあと、大阪から大分に帰る飛行機の中で、大阪での知人にばったりお会いしました。別府によく来られているとのことでした。後日、TELをいただき、「別府にラジコンの飛行場があるから、ラジコンをやってみては?」とお話をいただきました。次に、「ラジコンの店にお前のことは話しておいたから。」と追加の留守電をいただきました。早速、紹介されたお店に行って、お話を聞いて、ラジコンを始める事にしました。組立や調整等も当分はお任せでやってくださるし(というか自分ではまだ何も出来ない)、自分で飛ばせるようになるまで指導していただけるとのことでした。模型飛行士の保険に入って、2月10日から練習開始。となって今日!を迎えました。

↑私の機体(初心者用のフロートが着いてます)

私の機体はこれ、ヘリコプター。メカニックのことはちんぷんかんぷんでしたが、「妙な知識やクセがついてない方が上達が早い。」と言われたので、何にも勉強せずに望みました。トレーナーモードというのがあるのだそうで、プロポ(無線のコントローラー)を2台繋いで、一部の機能だけ渡していただけて、危なくなったらコントロールをお願い出来るのです。多少の風はありましたが、本日は、左右の移動のコントロールのみ練習させていただきました。なんか、車の免許の教習で初めて教習車で路上に出た時みたいにどきどきしてしまいました。失敗してもコントロールしていただけるという安心感の為か、ふらふらしながらも何とか左右に行かないように出来たようでした。

次は、前後のコントロールも覚えないといけません。一つ、一つ、こつこつと練習していけば、何とかモノにはなるかもしれません。「継続は力」がモットーのサワグチですから。

ちなみに、参考の為に貸していただけたビデオを拝見したのですが、原付の教習を受けに来たのに、GPレースをみせられているみたいで、私には全然無縁の世界に行っちゃってる内容でした。

その方のホームページ→Curtis youngblod: RC Helicopters http://www.curtisyoungblood.com/

何でこんなこと出来るの?ってのが正直な感想です。

2000/02/10(Thu)作成 

[トップページへ]