城北自動車学校2

今回の熊本行きでは、行きは大分米良IC植木ICまで高速道路であっという間だったんですが、帰りは杖立温泉まで一般道路で行くことにしました。その道は、母が熊本機能病院から入院中に杖立温泉まで私を連れていってくれた道でもありました。宿から出発して杖立温泉を目指したんですが、途中で城北自動車学校の前を通過しました。

当時、熊本機能病院まで送迎車に来て貰って、手動装置の付いた教習車の運転席に車いすから運んでいただきました。サイドサポートなどが付いてなかったので)手動装置のアクセルコントロールの加減がなかなか身体で覚えられず、一番最初の講習では、教習所内の外周コースを回るだけで、どっと疲れました。パワーステアリングも普通の重さだったので、すぐに腕が上がらなくなりました(長時間の講習が出来なかった)。ドライブコントロールに必死で、周りに目がいかず、路上に出るときはものすごく怖かったです。(身体が捻れず、左右の確認が難しかったんです)

路上コースであった道をなんの苦もなく愛車で走っている今の自分の姿は、当時かけらも想像できない状態でした。

勿論、ここまで出来るまで随分と時間もかかりました。(”車の運転”参照。)

 

城北自動車学校の前を通過し、昔を少し思いだし、今の自分をなんだかちょっぴり誇らしく感じたサワグチなのでした。

1999/05/24(Mon)

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]