褥瘡(じょくそう)=床ずれ

褥瘡(じょくそう)=床ずれ

decubitus(ラテン語のdecumboが語源)

bedsore(こちらは英語、soreはびらん、ただれ、潰瘍の意味。直訳すると床ずれになるのかな?)

 褥瘡とは

骨突出部位の皮膚に加わる過度の圧迫によって組織が壊死をおこした状態

圧迫により局所の血流が2時間以上途絶すると、皮膚組織は壊死に陥りやすくなる

 

私の障害だと、堅いベットに2時間じっとしていると、お尻が真っ赤になります。寝返りがうてないので非常に床ずれになりやすい身体です。未だに褥瘡を作ったことはないのですが、それもこれもROHOマットとベットの除圧マットのお陰。

このマットを車椅子に敷いて使用します。

中身はこんな感じ。
空気が入った小さなエアークッションの集合体みたいなものです。

上に座るとお尻の形にうまく変形して、一カ所だけに圧がかかるのを防いでくれます。

私は高さ10cmのHighタイプを使っています。5cmのLowタイプもありますが、私は使っていません。

車のシートに敷いたりするときは低いタイプがいいんですが、私の車のシートには最初からシートの中にシリコンパットが入っている為不要です。除圧効果はROHOマットに比べて低いんですが、どうせ1時間以上運転出来ないので問題ないです。

エアーマットですから、当然穴があくと空気が抜けてしまいます。そのときは修理キットを使って直します。自転車のパンク修理と同じです。

 

このマットを車椅子に敷くと、6時間ぐらい車椅子に乗り続けていてもお尻は何ともないです。

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]