寄せては消えていく、、、

自分に何が出来るのか。

自分が何をなすべきなのか。

 

もちっと真剣に考える時期が来ているのでしょう。

が、どうも今ひとつその気分になかなかなれません。

 

「もう少し時間が欲しい。」

と思ってしまいます。

でも、いつまで経てばその時が来るのか。

待ったからといって、何かが変わるのか。

 

時々、なんの前触れもなく、「自分に身の置き所が無い。」という感情に突然とらわれます。

じっとしていられない、いたたまれない気分。

でも、何も考えたくない、殻に閉じこもってうずくまっていたい、

大声で叫きたいのに、声が出てこない、そんな気分。

それが、波の様に一瞬寄せては、波のようにすーっと引いていきます。

入院中は、一晩中続いていたような波が、今はさざ波のように時々こっそり寄せては、消えていきます。

 

ただ、なんか肩に力が入らない感じ、なんです。

 

3年という年月のせいでしょうか?

事故以来、開けることの出来なかった箱をやっと開けることが出来るようになってきました。

中身の整理をぼちぼち始めています。

身の回りには、事故以前の物より、以降の物が多くなってきました。

過去より、現在の占める割合が勝ってきたのかな?

針のようにとんがった気持ちが、今はちびた鉛筆の先ぐらいにはなったでしょうか。

 

1999/07/20(Tue)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]