USJ再び(6/17)

6/17(月)USJに行って来ました。前回が6/25なのでほぼ一年後ですね。

今回の目的は、USJに!(6/25)で、3Dメガネを落としてしまって立体映像を楽しめなかったターミネーターと故障で飛行機の着水シーンがなかったウォーターワールドを見直すのと、介助者がいないとダメと乗れなかったE.Tアドベンチャーに乗ること。

知人に今回は介助をお願いしました。

大阪駅周辺で宿泊後、朝一番にUSJへ。

大阪駅の中央正面口は階段があって、車椅子では自力では入れません。東に回って大丸の向こうまで行くと、駅に入れるスロープがあります。

大阪駅から環状線内回り線でUSJへ。

直接USJに行く便もあるのですが、朝8時台は殆ど通勤列車なので、西九条で乗り換え。西九条駅では同じホームで左右に乗り換えるので、介助者がいれば、乗り換えは簡単。ユニバーサルシティ駅はエレベーター完備。問題は、大阪駅が環状線へのエレベーターが無く、エスカレーターを2回押し上げて貰う必要あり。東京行きの車いす破損!の嫌な記憶を思いだしてひやひやものでした。

USJは前回と違って曇りでいい感じ。

朝8:45開場だったので、さっさとロッカーに荷物を放り込んで朝一番に入場。

7アトラクション回った段階で14:00前に体力が尽きて、入口付近の救護所で20分程ベットで休ませて貰いました。

今回は15:00からのハリウッド・プレミア・パレードを見ました。このパレードは2カ所車イス専用エリアがあります。

←(エリアで見ているサワグチ、パレード前の写真)

←(こんな感じで見られる)

 GUEST SUPPORT PASS というものがあります。

これはアトラクションの予約が出来るというもの。アトラクションの入場口で予約をとります。アトラクションの待ち時間が50分になっていたら、受付した時間から50分後に来てくださいと言われます。要するに、健常者同様に障害者も並んだ形になるわけです。ただ、ずーっと並んで待たなくてよいので、時間まで救護所で休むのもよし、他の待ち時間無しで普通に並んで見られるアトラクションをみて時間まで過ごすのもよし。予約は一つの分が済むまで次ぎの分の予約は出来ません。一つアトラクションを見るたびに、次のアトラクションの入場口まで必ず行って予約をするので、時間的には健常者と同じ経過を過ごす形になるのが、USJが考え出したやり方みたいです。

健常者にも UNIVERSAL EXPRESS という同様にアトラクションが予約出来るシステムがあるので、障害者だけが優遇される形にはなりません。

ターミネーター2:3D

ステージ22

E.Tアドベンチャー

ウォーターワールド

ジョーズ

ザ・ワイルド・ワイルド・ウエスト・スタント・ショー

ユニバーサル・スタジオ・モーション・ピクチャー・マジック

ハリウッド・プレミア・パレード

ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショー

アニメ・セレブレーション

アニマル・アクターズ・ステージ

 

全部で11アトラクション回って、5:40にUSJ発、空港まで直行して大分の自宅へ。

前回と違ってユニバーサルシティウォークが出来て、タクシー駐車場が入口の側にあったのがなくなっています。

タクシーに手っ取り早く乗りたい方は、ユニバーサルシティ駅周辺のホテル玄関前に行かれるとよいです。(台数制限があるそうで、何台も停まれないそうです)

介助者に押して貰ったとはいえ、さすがに今回も疲れました。

E.Tアドベンチャーはなかなかよかったです。(何か起きたら、介護者が担いでくれるという条件付きでないとダメ)

車イスになって初めて、車イスのままライド系のアトラクションが楽しめました。

 

W杯の真っ最中ということもあり、あまり混んでませんでした。

ショースケジュールの決まっているアトラクションは並ばなくてもすぐ見られました。

サイトラインは結構気にしているみたいで、アニマル・アクターズ・ステージの車イス観戦スペースの前には、サイトラインを確保するために、前の席を空席にしてました。

2002/06/18(Tue)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]