都営三田線

神保町まで行く用事があったのですが、夕方だったし道路は混んでるし敢えて都営三田線を利用してみました。

浜松町からまず芝公園駅に行ったら地上からのエレベーターがなく、御成門駅に行けばエレベーターがあるとのことで一駅地上を移動。

でも、地上からはエレベーターが見あたらず、駅員を呼んで貰って、4人掛かりで階段を2階分担いで降ろして貰って、エスカレーターの幅が60cmしかないとのことで更に小さな車いすに担いで載せ替えて貰ってエスカレーターを介助してもう1階分降ろして貰って再度自前の車いすに載せ替えて貰ってやっと改札口まで。

改札口からホームまでは確かにエレベーターがありました。ホームも大阪のモノレールの様に乗り口にスロープが設置されてました。転落防止ゲート付き。

神保町は確かにエレベーターがあったのですが、駅員に誘導して貰ってずーっと移動してやっと分かる場所にありました。地上に出たのはいいけど、現在地の確認に手間取りました。

とにかく大変な移動でした。電車に乗ってる時間は10分ちょっとしかかからなかったんですが。

大江戸線は完全バリアフリー対応と聞いていたのですが、都営地下鉄はまだまだエレベーターが無い駅も多いみたいです。

営団地下鉄 http://www.tokyometro.go.jp/index.htm

のバリアフリー便利帳ってものがありますが今一分かりにくいです。

らくらくおでかけネット  http://www.ecomo-rakuraku.jp/rakuraku/index?nextpage=TopMenu.html

で一応チェックはしていったんですけど。

東京都交通局の各駅情報 http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/eigyou/subway_index.html

の事前確認がもっと必要だったです。

時間はかかるけど、大江戸線の大門駅から森下駅まで行って新宿線に乗り換えて神保町まで行けば全部エレベーターで上下出来て、車いすを担いで貰わなくてもよかったことがあとで分かりました。

なんで担いで貰わないことにこだわるかというと、あの急な階段を決して軽くないサワグチを4人掛かりで担いで貰うのがとても申し訳ないと思ってしまうのと、現実問題として駅員さん達の息が合ってないともの凄く担がれる方としては怖いんです。

サワグチはこれまで階段を友人達に担がれて降りるときにみんなの息が合わなくて車いすが傾き車いすから転落1回、ホーバークラフトの狭いタラップを2人で担いで降ろして貰った時に支えきれずに車いす毎転落した計2回経験があるので。

帰りはさっさとタクシーを捕まえて浜松町のホテル入口まで直行。

東京は慣れてないので疲れました。

2003/03/26(Wed)作成

[トップページへ]