手術後、初転倒

2月に抜釘の手術後、初転倒してしまいました。
ちょっとバックした際に、ほんの1センチ以下の段差に後輪がひっかかって、後ろにすってんころりん。
セメントの床に後頭部を強打。

急いで帰宅して、痛み止め飲んで、首に湿布を張って、ベッドで安静。
さすがに次の日は、ベッドで首が上がらず結構痛かったんですが、
なんと、二日目には普通に動ける様になりました。多少、胸鎖乳突筋が筋肉痛ですが。

なんでわざわざホームページで報告するかというと、
手術前の転倒後のダメージと、
手術後の転倒後のダメージとは、全然違ったからです。
現在の方が、すっごいダメージも少なく楽です。

痛い思いをして抜釘してよかったと実感した出来事でした。

2008/11/27(Thu)作成

[トップページへ]