天保山(海遊館&観覧車)

バリアフリー2002が予想外に見る物が無くなってしまったので、4/12(金)の午後から、天保山に行ってみました。

インテックス大阪から最初は近所のWTC(ワールドトレードセンター)の展望台に上がろうと向かったのですが、

2000/01/25(Tue)空中庭園展望台 同様、ステアエイドを使用しないと登れないと説明を受けて止めました。

で、バリアフリー2002に関連する話しですが、

株式会社サンワのホームページ  http://www.sunwa-jp.co.jp/

手動車椅子用階段昇降機 ステアエイド

車いす用階段昇降車 チェアメイト(電動車いすにも対応)

車いす用階段昇降車 ステアシップ(電動車いすにも対応、前後長をチェアメイトより短くして学校、公共施設の狭いスペースの踊り場、階段でもスムーズに操作化)

に以前紹介したのと違うニューモデルが出ているんだそうで、値段も随分下がったとインテックス大阪会場の方は言ってました。

WTCから最寄りの駅はニュートラム南港ポートタウン線トレードセンター駅なんですが、コスモスクエア駅OTSテクノポート線に乗り換えないといけないと聞いたので、広い住之江区をえっちらおっちら直接コスモスクエア駅まで。大阪港咲州トンネルで一駅で大阪港駅へ

途中全てエレベーターあり、電車への乗り込みは駅員さんがスロープ持参でスムーズに乗り降り出来ました。

天保山では、まず観覧車へ。まず、2階にエレベーターで上がってチケット売り場でチケット購入後更に別のエレベーターで3階に上ってそこから乗り込みます。(身体障害者手帳の提示で半額)

←(普通のゴンドラ)

ここの観覧車は車いす対応が紫の59番60番の連番、以前行った2001/10/01(Mon)お台場→羽田の観覧車は19番51番(後に判明)と丁度反対側に配置されてたんですが、天保山は連番なんだそうです。エレベーターの乗り換えに手間取って、乗り場にたどり着いた時に丁度59,60番が目の前を通過して行ってしまい丸々一周分約15分待つ羽目に。ゴンドラ内の横幅は85センチ程度で、やはりゴンドラ内での転回は無理でした。

←(紫色の59番60番、スロープを用意して一次停止してくれます)

海遊館はまず海遊館案内所(エントランスビル2階)に、「お一人ですか?」とわざわざ聞いてくるので、「どうしてですか?」と訪ねると、8階→7階及び4階→3階はエレベーターで誘導して貰う必要があるのと、延々下りのスロープが続くので「大丈夫ですか?」とのことでした。更に「気分が悪くなったら、あちこちにある最寄りの緊急電話ですぐ連絡してください」と言われ???と思いましたが、後にその理由は判明。ちゃんと車イス案内図を渡されるので安心。(ここも身体障害者手帳の提示で半額)

←(海遊館)

←(案内板)

海遊館内に入場すると、車椅子対応トイレは6階だけなので要注意。

入場前にエントランスビル2階の車椅子対応トイレで用を足してからさて館内へ。

←(館内表示)

←(足下にもこんな表示)

←(こんな感じの下りが延々続きます)

さすが8階建ての水族館。見応えはばっちり。ただ、曲面になっているでっかい水槽のガラスをあちこち眺めていると、だんだんめまいがしてきました。なんでわざわざ「気分が悪くなったら、、、」と言ってくれたのか納得。「結構気分が悪くなる方がいるんです」とのこと。

←(ジンベイザメ)

途中一カ所だけ登りのスロープがあります。

←(ちょっとぶれてます)

個人的にはジンベイザメよりも最後に観たクラゲたちが幻想的で好きです。

天保山からは、バリアフリー2002に展示されていたノンステップバスが運行していたので、是非乗ってみたいと思ったのですが、バスに何十分も揺られる体力が残ってなかったのと、大阪駅から伊丹空港までも結構時間を食うので諦めて天保山から直接タクシーで伊丹空港へいくことにしました。

で、少し時間に余裕が出来たので、海遊館の横にあるサントリーミュージアムにてエッシャー展をゆっくり観てから空港へ。

ここは巨大立体映像が楽しめる”IMAXシアター”があるんですが、丁度ディズニーの美女と野獣を放映してましたが、90分も時間がなかったのと2D映画だったので止めました。

2002/04/19(Fri)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]