JR高松駅へ

?十年ぶりに高校(香川県)の同窓会に行くことになりました。

きっかけは、連絡が取れない同窓生の名前を検索していて見つけた私のホームページを見てくれた同窓生が、「あのサワグチさんですか?」とわざわざメールをくれたんです。ホームページやっててよかった。

これは是非行かねばなるまいと、高松行きを計画。

今回は敢えてJR四国を利用して、松山、高松間の移動を計画しました。理由は、一つは会場が高松駅に隣接していたことと、高松駅が交通バリアフリー優秀大賞(ターミナル部門)を受賞したとJR四国のホームページで知ったから。これは是非利用してみないことには。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/02-10-28/02.htm 参照 

実は正月にお参り以外で外出するのは初めて。

いつもの様に、別府から船で松山へ行くことにしたのですが、正月は別府観光港の駐車場は一杯だそうなので、愛車で行くのは早々に諦めて、自宅からタクシーで往復することにしました。

松山の弟のところで一泊して、次の日午前中に松山駅から10:13発のしおかぜ14号多度津でいしづち10号に乗り換えて高松着。

帰りは2日当日18:35発のいしづち25号で多度津まで、しおかぜ23号に乗り換えて松山まで。3日朝の船で別府に。

しおかぜは4号車に車いす席及び車いす対応トイレがあるらしいのを確認。いしづちは約30分以下の乗車時間なので、通路で我慢。

 

の予定だったのですが、結局、「電車がかなり揺れる」とのことで、身体へのダメージが大きいと判断。ターミナル部門は交通バリアフリー優秀大賞でも肝心の列車に乗れない。(T_T) 松山、高松間は家族の車で高速道路で送り迎えして貰うことにしました。同窓会への出席に体力を出来る限り温存すべきと思ったので。

元日の17:00別府発の関西汽船で松山へ、2日は日帰りで高松松山間を移動し同窓会出席は成し遂げました。松山道はとても快適でした。3日の朝6:40松山発の船で別府へ。ほぼ48時間で大分、松山、高松間を移動したのでちょっと疲れました。

高松駅前は高校卒業時とは全く変わってしまっていて、時代の流れを感じた一日でした。

←(JR高松駅)

←全てのホームは直接改札から車いすでアクセス出来ます。

←1階はこんな感じ、3階建て、エレベーターは当然車いす対応。

←びっくりしたのは全ての改札口の幅が車いすで通過可能だったこと。

←駅周辺の段差も見事に整備されていてとても車いすで移動し易かったです。

←久しぶりに食べる高松でのさぬきうどん(勿論かけうどん、180円。美味かったです)

←行きの船は迎えに来て貰った弟の車で乗り込みました。ちゃんとエレベーターそばの車いすが乗り降り出来る場所に誘導してくれました。(右端に写っているのがエレベーター)

2003/01/04(Sat)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]