ナショナル7

ネットで注文入手したDVD。

 

フランスの国道7号線(だからナショナル7)に近い施設にいる筋ジストロフィーの車椅子生活を送るルネと女性介護士ジュリの話し。

実話が元になっていて、映画の最後に実際のルネとジュリの写真が出てきます。

この映画には本当の身体障害者が沢山出演していて、人種や宗教のことまで絡んでテーマにはことかかない内容です。

 

内容は一言で言ってしまうと、

 

売春婦とセックスしたい。

 

ただ、それだけ。

映画の内容も実際に放映されたのも2000年、それほど昔の話しではありません。

当事者(サワグチも含めて)の障害者の方々が見るのと、実際に障害者が身近にいない健常者が見るのとでは、訴えかけるものが大きく違うかな?

売春という行為が日本とフランスでは違いがある点に注意しないと???と思うかも。

 

健常者同様、障害者もセックスを楽しみたい。

ただ、それだけの普通の欲求が満たされない。   ことが多いのです。

 

サワグチの場合、下半身は全く感覚がない(射精不可)ので、ルネと同じことは出来ないですね。

 

障害者向けのセックス産業は日本でもあることはありますが。

 

2005/12/29作成

[トップページへ]