脊損のこの身体

一般に、脊髄損傷で傷害部位から下が動かず、感覚が無いといっても

殆どの健康な人にはあまり実感がわかないと思います。

 

色々あるのでしょうが、私自身に限っていうと、長時間正座したあとのしびれがずーっと続いているような感じです。幸いなことに、幻肢痛はほとんどないので、痛み止めのお世話にはならずにすんでいます。傷害境界域の右胸部に時々痛みが走る程度です。頸椎損傷の方の場合、首から上だけが宙に浮いている感じがしたりするのだそうですが、私にはありません。別にしんどくはないので睡眠の妨げになることもないです。痙性が強くて筋弛緩薬を飲んでない頃は、夜中に勝手に自分の足がばたんばたんとはね回って「地震か?」と勘違いして目覚めたことはありましたけど。

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]