イケナイお祭り

といっても別にアブナイ話しじゃなくて。

 

私はお祭りとかああいう人が沢山集まる場所にはいけません。

 

ワールドカップの時でしたけど、日本の試合が始まる前に、商店街のど真ん中にでっかいスクリーンが設置されました。

大分は次のワールドカップの開催地だからなんでしょうが、人がどんどん集まる。

商店街の道幅約4/5をふさぐスクリーンを置かれると車椅子が通れなくなってしまいました。

コードとか配線とか周りにいっぱいあって、目の前の百貨店に入れなくて、通行人の方に担いでいただくはめになり、

早々に退散して家に帰りました。

 

で、お祭り。これも人混みの中、車椅子の安全な走行はほぼ不可能なんです。

僕の安全より周囲の方の安全が。人間て目線より下の物にはなかなか気づかない物で、車椅子をとっさに認識できなくて

僕にぶち当たってくるんです。また、車椅子の構造上、横にひょいとよけるなんて芸当も無理です。

人と人同士ならよけられるタイミングが車椅子だとまともにぶつかるんですね。

僕の目線は小学生以下なので当然人混みの中では右も左も解らなくなります。

人の腰しか見えないので、あまり楽しくないです。

 

それでも無理矢理行ったお祭りでの証拠写真。

初めて、金魚すくいをやりました。3匹ゲット!

 

ということでお祭りはTVで見るだけにしています。

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]