NYへGO!(帰国)

最終日は、ホテルの前で6:40に集合、送迎車でラガーディア空港へ。

飛行機は案の定、デトロイトから関空までのシートが2階席になってました。シートの変更はデトロイトでないと出来ないそうなので、デトロイトに到着してから変更してくれとのこと。

本当はデトロイトで乗り換えの待機時間で免税店でお土産を買い込む筈だったのですが、ラガーディア空港からの発着が1時間近く遅れた為、デトロイトでは直接ゲートからゲートへの移動になりました。お陰で免税品はなにも買えませんでした。早く降りろと言われても、アイルチェアがなかなかこないし、大阪行きの便の搭乗手続きが始まってしまっていて2階から1階へシートを変更する手続きが間に合わず、もう乗り込んでしまっている人に空港職員が直接掛け合ってくれて無事1階席へ座らせて戴くことが出来ました。

帰りの飛行機の中では、離陸直後に導尿、お昼の機内食が出て、16:30頃に再度導尿、時計を日本時間の9/10 5:30に合わせ直しました。日本時間の夕刻に関西国際空港到着。関空での入国手続き及び移動も問題ありませんでした。

早速、ドル紙幣とトラベラーズチェックを円に現金化して、スーツケースを宅急便で自宅に送って、今日はホテルで泊まって、明日朝一番の飛行機で大分に戻ります。本日の移動距離は、3.24km 

あとから気づいたのですが、スーツケースが壊されてて、中に入れてあった壊れたデジカメC-2000ZOOMが盗られていました。しかし、壊れたデジカメを盗むとは、間抜けな泥棒です。幸運な事に、NEC Mobile Gear MC/R530 は袋に入れてあった為か、盗難を免れました。

デジカメからメモリーを抜いていたため、大切なデジカメ画像は助かりました。お土産は弟のスーツケースにいれてあった為、これも無事でした。 

次の日、朝一番の飛行機で大分へ。丁度台風が九州に接近してきていて、鹿児島方面の飛行機は着陸不可かもしれないとのことでした。次の日、大分空港の飛行機は軒並み欠航してましたから、運が良かったみたいです。無事大分空港着、約1週間の車の駐車料金は3000円弱でした。愛車ラウムでゆっくり自宅へ。 

帰ってすぐにE-mailをチェックしたら、200件近く溜まってました。チェックするだけでも小1時間かかりました。

昨日送ったスーツケースが本人より早く自宅に到着してました。

 

とにかく、NYへの旅は無事終わりました。

 

2000/09/20(Wed)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]