NYへGO!(2日目)

何とか朝ご飯を食べに8:30頃にはホテルの外へ。バーガーヘブンで朝食。コーヒーはお代わり OK。ここの食事は身体に合いました。今日は近代美術館が開館する10:30までに近所を散策予定。あちこちウロウロしたあと、ヒルトンホテルの2階のJTBのカウンターへ行って、NY情報を仕入れました。(開いてる時間に要注意←)明日の夕食はホテルの近くの店をJTBのNYカウンターでミールクーポンで予約して貰いました。食事をあらかじめ指定なのでメニューで得体の知れない物を頼まなくていいし、支払いを先にクレジットカードで済ませるので、ドリンク込みだと、チップもタックスも不要になります。(先にミールクーポンを渡して、出てきた料理を食べたら、後は出ていくだけ)色々話しを聞いて、明日は頑張ってバスでメトロポリタン美術館へ行くことにしました。

←NYの朝

←ベーグルの屋台が多いです。

←大通りの歩道は広いです。

←どこもポリスが一杯

←交通整理のポリス

散々うろついてアメリカ在住の方から教えて貰った本日の夕食予定のお店をチェックしてから、近代美術館へ。ものすごい絵画の数で、なんか見疲れました。本でしかみたことない名画の横で記念撮影が可能です。(フラッシュを光らせると怒られるので注意が必要)

←エレベーターは分かりにくいので要注意です。

やはり時差ボケが直ってないのか、12:00以降に急激に眠気が。急いでホテルに帰って、16:00まで寝ました。

ヒルトンホテルの近所でお土産を買い込んでから、お奨めで教えて貰ったお店に。ブラジル料理のお店ですが、雰囲気のいいお店で、おいしかったです。段差が入り口に一段あったけど、押して貰って問題なく入れました。JTBのカウンターの人の話では、法律( ADA法?)で、ちゃんと車いすも中に入れて上げないといけないことになっているので、段差や階段は気兼ねなく、お店の人に介助を頼んでよいそうです。

Famous Oyster Bar

ヒルトンホテルでトイレを済まして、タクシーを拾って、エンパイアステートビルへ。地下でチケットを買って2階、80階、86階とめんどくさい移動をしないといけないですが、必ず係りの人が車いすを「こっちへ」誘導してくれるので全く問題ないです。X線によるセキュリティチェックがあります。「一杯荷物持ってるね。」と言われた上、写った中身に首を傾げてました。土産に買った自由の女神像と気づくのに多少時間を要した様です。(^_^)

←入って正面のカウンターまで行きます。

←正面カウンター(車いすマークあり)の前で記念撮影

←こんな感じで誘導ok!

屋上は、四方に丁度車いすでもみれるようになってる箇所があり、最初の出口のところには、ちゃんと車いすマークが着いてます。人が立ってましたが、後ろから、「そこはハンディキャップ用だぞ!」と声を(勿論英語で)出してくれる人がいて助かりました。

←C-2000ZOOMで撮影したエンパイアステートビルディングからの夜景。(この直後悲劇が!)

ここで大変なことが起きてしまいました。夜景を撮っていたデジカメ(C-2000ZOOM)を落としてしまいました。見ると明らかにレンズの筒が曲がってる。画像の再生は可能ですが、撮影不可能になってしまいました。以後はもう一台のデジカメで撮影するしかないです。いくら修理代かかるんだろう。

←壊してしまったC-2000ZOOM(悲劇は更に続くのですが、、、)

土産物の売店まではスロープ付きです。エンパイアステートビルからはタクシーはまず拾えないだろうとJTBの人が言っていたとおり、全くダメ。バスに乗ってもよかったのですが、敢えて、ホテルまでの34thから49thまでえっちらおっちら、夜のNYを道々帰りました。間違えてちょっとだけ暗いところに入った時は急いで明るい道に戻りました。 VIPが一杯来ているせいで、どこもかしこもポリスで一杯なので、その点は安心出来ました。

本日移動距離12.82km

でも、サワグチは殆ど車いすを漕いでないです。

ずっと押してくれた弟に感謝感謝。

大通りは道は結構平坦です。車道との段差が結構あちこちであります。ちょっと細い道に入ると、かなり歩道が狭く、路面もでこぼこになります。

そうそう、アメリカでは、クレジットカードは VISAMASTERカードがいいです。 JCBは使えないか断られるとこが多かったです。唯一、日本テレコムの国際電話の時だけ、ローソンOMCカードが使えず、トヨタJCBカードが OKでした。

23:00過ぎから4:00過ぎまでぐっすり寝ました。

2000/09/18(Mon)作成 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]