車椅子マーク(=国際シンボルマーク)

Niftyの障害者フォーラムやAKANEさんのホームページをみてますと、結構車椅子マークってのは不評なんですね。

”身体障害と知的障害”で色々な障害者がいるにもかからわず、一緒に見られている例を書きましたが、こちらは逆の話しですね。

A: 障害者=車椅子

B: 車椅子でない=障害者でない

A:が成り立つと、B:も成り立ってしまう。この固定観念が怖いですね。

車椅子マークのついた障害者用駐車スペースに車椅子でない障害者の方が止めるときに引け目?を感じているとは思ってもいませんでした。

資料によると、国際シンボルマーク(=車椅子マーク)は

国際リハビリテーション学会(ehabilitationnternational)略してRI)

が1969年に定めたもので、このマークは「障害者が利用できる施設であること」を示しているんだそうです。

<国際シンボルマークを掲示するための条件>具体例

玄関

地面と同じ高さにするほか、階段の代わりに、または階段のほかにスロープ(傾斜路)を設置する。

出入口

80cm以上とする。回転ドアの場合は、別の入口を併設する。

スロープ

傾斜は1/12以下とする。室内外を問わず、階段の代わりにまた階段のほかにスロープを設置する。

通路・廊下

130cm以上の幅とする。

トイレ

利用しやすい場所にあり、外開きドアで仕切り内部が広く、手すりがついたものとする。

エレベーター

入口幅は80cm以上とする。

でもこれって誰も知らないですよね?知ってた人いますか?

 

僕の車にも実はこのマーク張ってます。ホームセンターに売ってました。

これは運転に自信がないので「不用意に近寄らないでね!」という意志表示のつもりなんです。

上記の基準だと張っちゃいけないことになるのかな?

「障害者が利用できる施設(=車)であること」という解釈でokなんでしょうか?

どなたか答えを知っておられたら教えて下さい。

注*AKANEさんのホームページ

ユニバーサルデザインyahoo japan!で検索してhitしました。よくまとまっていて、結構な量なので私は全部見るのにホームページごと一括ダウンロードしました。

 

98/11/11(Wed)作成 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]