電車でGO!(博多駅→熊本駅編)

27日は博多で一泊。夜には雨も上がり、かねてよりの希望だった博多の屋台でラーメンをいただくことが出来ました。

さて、28日、夜更かしし過ぎで朝食が遅かったので、博多駅の地下街をウロウロ探索した後、改札口へ。

駅事務所まで行って、誘導していただくことになったのですが、何組か誘導があったようで、「2人でやってるんですいません。」と駅員さんが走り回ってました。ばたばたしながら、何とか発車時刻までにエレベーターでホームまで誘導していただけ、

←ホームへのエレベーターから降りるサワグチ

13:45博多発→15:08熊本着 有明23号 2号車 4番CとD

に運んで戴けました。

←ホームへのエレベーター(閉まったところ)

←乗車口

有明の通路は27日のソニックよりさらに狭くて、サワグチの車イスがギリギリ通れる幅でした。

発車時間ギリギリだったので、駅員さんが、「私が降りられなくなる」と焦ってました。

 

←駅員さんに担いで貰っているところ

車両には車イスマークが

乗り込む時に、車両に車イスマークがあるのを発見。後方の席に車イス席らしきものをこうちゃんが発見。

切符の検札に来た車掌さんに早速、「あれは車イス席ですか?」と聞いたら、「違います」との答え。

車両に車イスマークがなぜあるのか聞いたら、「ちょっと待って」と確認しに行かれた様子。

後ほど戻ってきて、「確かに車イス席です。」とのことでした。

博多駅のみどりの窓口では、車イス席は無いとのことでしたが、車掌さんのいうには、有明は、車両の編成によっては車イスシートと車イス対応トイレのある車両があるとのこと。

昨日のみどりの窓口の係りの方が言ってたことと全然話しが違う〜。

←こういうのも発見。中のベンチシートは畳めて、車椅子が入れるスペースになる。

←マルチスペースなんだって。

←車椅子対応トイレ(らしい)

←開けると洗面所(ステップが下で引っかかる様な気が?)

←確かに手すりがあるトイレ

列車内で弁当にて昼食を済ませ、無事熊本へ。停車したホームが1番だったので、ホームからは介助無しで直接改札口へ。

←(1番ホーム)

車イス対応トイレを探したのですが、車イスマークの表示が駅の中のトイレへの誘導板に入ってない。

ですが、トイレに行くとちゃんと車イス対応トイレがありました。熊本に行かれる車イスユーザーは要注意ですね。

みどりの窓口で、明日(29日)の有明の席を車イス席に変更していただきました。

ここのみどりの窓口も、かなり手続きに手間取って、30分位かかりました。

駅事務所に行って、明日乗る帰りの列車の介助と、博多駅への連絡をお願いして、熊本駅を出ました。

2000/06/02(Fri)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]