救急車で運ばれちゃいました。

今朝9:00前頃の話し。

本日は休みなので、さて「どうしようかな?」と考えている矢先に、何か胸焼けみたいな気分に急になってきました。

昨日、ちょっと食べ過ぎたからかな?と思って胃薬を飲んで、もしかして熱発の兆候?と思って鎮痛剤をその後飲んだんです。熱は37.2℃でまあ普通です。

そしたら、あっという間に頭が割れるように痛み出して、「やばい!」っとベットに移るのが精一杯。どうにも我慢できなくなって、職場のスタッフを呼んで、救急車で脳神経外科へ救急搬送されることになりました。

救急車に乗る直前の血圧は、何と!(◎_◎) 206/118 位でした。

脊損のサワグチは、本来血圧が低くて困ることはあっても、高くて困ることは生まれて初めての経験でした。

よく、血圧が急に上がると頭が痛いといいますが、一挙に倍に上がるとあんなに痛いものだとはしりませんでした。

う〜ん、う〜んと本当だったら転げ回っているところですが、私の身体では、頭を両手で抱えて首を振るのが精一杯でした。

あんまり痛くて、救急車の中で吐いちゃいました。

ずっと意識はしっかりしていたんですが、脳神経外科で念のため、頭部CTを撮って貰って、異常なしを確認。点滴を一本打って貰っている内に血圧も正常に戻った為、本日は自宅療養中です。

 

しかし、本当にびっくりしました。皆様お騒がせしてすいませんでした。(m_ _m)

2001/08/30(Thu)午後作成 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]