人工呼吸器

事故当初、僕は気管切開して人工呼吸器を装着してました。

自分で満足に呼吸出来なくなったからです。

プレッシャーサポートというんですが、要するに、息を吸うときに、人工呼吸器が空気を肺に押し込んでくれるんです。

ちなみに、人工呼吸器をつけたまま、自力で呼吸しようとすると、丁度数メートルのビニールホースに口をつけて息をしているような感じになります。一度おためし下さい。結構苦しいですよ。チューブを通して呼吸をすると、以外と抵抗があるんですね。で、人工呼吸器が自動的に空気を吸い込むときに空気を後押ししてくれます。

少しずつ後押しを減らしていくんですが、これがまた苦しい。意識して深呼吸を絶えず続けている状態になります、ちょっと気を抜くと息苦しくなってしまうんです。

 

呼吸器が外れるまで一ヶ月近くかかりました。

当然それまで声は出せませんでした。

呼吸器が外れて(気管切開はまだ閉じてませんが)初めて声を出したときは本当に恐る恐るでしたね。

(穴を手で押さえて話します。)

切開した穴は自然と塞がりました。半年ぐらいは嚥下するときに喉の皮膚が引っ張られる感じがしてました。

今はもうこんな感じ。

お酒が入ると赤くなります。

母曰く、声が低くなったんだそうです。

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]