猛暑対策(オートスターターキット)

今年の夏は本当に暑かったです。大分も35度以上がずっと続いてたりしました。
で、外気温が40度近くあると、車内温度は60度超えてます。
サワグチの身体では、直射日光の下の外気に短時間居るだけで体力がどんどん失われていくのに、そんな状態の車に乗り込むのは不可能です。
サワグチのカローラフィールダーはキーレスエントリーなのが災いして、乗り込む前にエンジンを外から手を伸ばしてかけることが不可能。
エンジンスタートスイッチがハンドルの左側にあるので。

ラウムの頃は右側にエンジンキー差し込み穴があったので、カローラフィールダーの様な苦労はなかったです。
その代わり、万が一キーを車内に落としてしまうと拾えないっという怖さがありました。だから、予備のキーは必ずカバンの中に入ってました。

で、今回、実際に暑過ぎて車に乗り込めなくて、仕事の外出が出来ないことがありました。
丁度車検だったので、付けました。
オートスターターキット ↓

外から遠隔操作でエンジンかけられます。自動的にエアコンのスイッチも入ってくれます。
これで来年も猛暑でも大丈夫。実際に試してみると、アンテナをのばすと職場の玄関のひさしの下(直射日光に当たらす居られる場所)から停めてあるカローラフィールダーのエンジンをかけられました。

*但し書きがあって、公道に駐車してる時は使用出来ないとあります。
実際サワグチが公道に駐車することは滅多にないのでほぼ支障ないです。

冬は多分使わないですね。外気より二桁以上も車内温度が低いなんてことは無いでしょうから。

2010/10/21(Thu)作成

[トップページへ]