障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律

欠格条項には「絶対的欠格」と「相対的欠格」2種類があります。

相対的欠格」は、障害等の程度によっては資格をとれなかったり、なくしたりします。

絶対的欠格」は、その障害等があれば、確実に資格をとれなかったり、なくしたりします。

 

 

いくつあると思います?

答え 293 件(1998年4月20日現在)だそうです。

 

詳しくは

「福祉と人権」ネットワーク Humind's Home Page障害者情報の中の

障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律のデータ集を御覧下さい。

心身障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律 25

視覚障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律 25

聴覚障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律 21

精神障害者を職業などから除外する欠格条項をもつ法律 61

禁治産者等を職業などから除外する欠格条項をもつ法律 103

 

結構色々あるもんですね。

 

サワグチの持っている資格は視覚、聴覚、言語障害及び禁治産者は「絶対的欠格」。精神障害に対しては「相対的欠格」なんですが、幸いなことに、身体障害の条項はないんですね。お陰で資格を無くさずに済んでます。さて、一体なんの資格でしょう?分かった人はえらい!

 

99/04/07(Wed)

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]