JEX(JAL エクスプレス)

JEX(JAL エクスプレス)の伊丹→大分便に乗る機会がありました。

ANA南ターミナルJEX北ターミナルなのでちょっと勝手が違って、受付のJALのお姉さんの対応もいつも乗ってるANAに比べてあたふたしてました。どういった理由で障害を受けた等々色々質問されましたから。

で、JEXの機体なんですが、通路側のアームレストがちゃんと跳ね上がるんです。一つ置きのシートがそうなってるのだそうです。お陰で、機内へ移動するアイルチェア(って空港職員の方が言っていたのでそう呼んでます)からシートへの移動が簡単なんです。横に自分でずるずると移動するだけで済むので。狭い機内でアイルチェアからシートへ重たいサワグチを担いで移動していただくのって結構大変なんです。アームレストにお尻がガツンとぶつかることも多く、”お願いだから傷つけないでね、褥瘡の元になるから”と心の中でお祈りすることもよくあるのです。

3列シートなんかだと、隣の席同士のアームレストは跳ね上がることが多くって、通路側の席から窓側の席への移動は自力でよく横移動してました。←

降りる時も、アイルチェアに自分で横滑りで乗り移るだけ。その代わり、機体が小さい分、搭乗口からターミナルに繋がる通路が降りる時に結構きつい上りになります。

担いで戴く回数が半分で済むのは助かります。お尻の心配も、肩を痛める心配もしなくて済むし。

←(サワグチの座ってるシートのアームレストを上げて撮って貰った)

2000/12/18(Mon)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]