ホーバークラフト

私は大阪に行くのにいつも飛行機に乗っていきます。

自宅は大分市の一番南の方なんですが、大分空港は大分市より北にある別府よりさらに北にあるんです。タクシーで行くと?万円かかってしまいます。

初めて大分空港に行ったときは母が車で送迎してくれました。

大分市から大分空港までホーバークラフト←が出ているのを知って、利用するようになりました。

大分市の乗り場には無料の駐車場があるので、愛車ラウムで行ってホーバーに乗ってました。ホーバー乗り場までだと、車で25分程度で済みます。

問題はこの乗り場にはスロープが無く、←のようにまず階段を担いで上げて貰わないと、中に入れない、肝心のホーバークラフトは↓のようなタラップで、車椅子込みで80kg以上の私を担いで運びこんで戴いてました。

↑タラップ側面

←タラップ正面

←↑空港への坂、正面と側面

大分空港につくとやはり同様のタラップで同様に担いで降ろしていただきます。歩ける方は、屋根付きのエスカレーターと階段で空港に連絡してるんですが、私は↑のような坂をあげてもらわないと空港に入れません。

よく考えると、往復で8回、人のお世話になり、なおかつ、6回は重い僕を担いで戴いているんですね。

船が揺れると、車椅子が転倒しないようにずっとどこかにしがみついていないといけないし、船に酔うし、これはまずいなと思っていました。

そんなとき、タラップで担いで戴いているときに車椅子ごと転落してしまいました。幸い、軽いムチウチと左の後輪のパンクだけで済みましたが、やっぱり、この身体でホーバークラフトに乗るのは危険なようです。担いで戴いている方に怪我をさせてしまう危険性もありますし。ホーバークラフトは人手が足りないようで、私を担ぐのに人を集めるのが明らかに大変なようにみうけられましたし。

よってホーバークラフトをやめて、大分空港まで直接愛車ラウムで行くことにしました。

今まで、1時間以上車を運転したことがないのですが、がんばっていくことにします。

99/02/09(Tue)作成

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]