ホテルのベットの乗り降り

ホテルのベットって手すりもないし、マットも柔らかいので結構乗り降りに苦労します。

私は、このようにベットのコーナーに車椅子を寄せて乗り降りします。

ステップを跳ね上げると、ここまで寄れるので、とりあえず、ベットと車椅子の隙間が小さく、転落の危険を回避出来ます。ホテルのベットはステップが下に入らないのでこの方法でないと、ベットと車椅子の間に隙間が出来てしまいます。私のレベルでは横移動による乗り降りは不可能なので。

戻るときはマットの反動を利用します。上下に反動をつけてぽんと車椅子に戻ります。プッシュアップでは身体が殆ど持ち上がらないので。

初代の車椅子だと万が一転落しても車椅子に何とか自力で戻れたんですが、現役のだと軽量化の為(10kg切ってます)にもう戻れません。そのぶん、ホイールベースが短く、狭いところでも動きやすくなってます。

手すりが無いので体位交換も結構めんどくさいです。

横に向かないと起きあがれないので。マットの縁をつかんで反動を利用しつつ「よいしょ!」と身体を横向けます。

 

98/11/06(Fri)作成 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]