新幹線ひかりとのぞみ(小倉、広島間)

小倉広島間の移動は、

行きは 新幹線ひかり102号11:08小倉発11号車14番A席

帰りは 新幹線のぞみ(700系)15号16:52広島発11号車14番A席

を利用。

山陽新幹線は業務用エレベーターがプラットホームの西側にあります。が、車イス席はプラットホームの東側にあります。

延々プラットホームを端から端まで移動せねばならず、車イスを誘導する駅員さんが大変だし、タイムロスが大きいです。

出来ればJRに改善策を検討して欲しいです。

車内はひかりものぞみも同じ感じでした。

トイレは幅が85センチ程度なので、ちょっと手狭。その分転倒の危険性がないので逆に安心といえますが。

←(車いす対応トイレ)

新幹線は、11号車の車イストイレの側に車イス専用の個室があります。

JTBのB5サイズの時刻表の後ろの方には、”指定席、寝台の席番ご案内”のページがあります。

車イスマークの付いている場所が個室の車イス席です。

指定席自体は、14番のAとソニックと同様の感じの席になりますが、空いていたのでそちらを利用させて貰いました。

ただ、トイレとよく間違えるのか、広島までの約50分間の間に計3回ドアを開けて入ろうとした方がいらっしゃいました。

←(トイレに見える)

小倉広島間は約50分前後だったので、こちらも車イスに乗ったまま。個室に入れば横揺れも怖くないのでちょっぴりうたた寝しました。

←(中はこんな感じ)

ひかりはプラットホームとの段差が大きめ。

のぞみは広島はほぼフラット、小倉駅のプラットホームはホームがカーブしている為だそうで、車両とプラットホームとの隙間が広めで注意。

大分駅で乗車券を購入したのですが、山陽新幹線はJR西日本なので、JR九州から注文する形になるそうで、かなり時間がかかりますので、ずっと待つか(注文後、トキハやパルコで買い物後取りに行くのもいいかも)、後日再度受取に行く必要があります。私は次の日にわざわざ受取に行きました。

広島駅は、南口へ出るには、業務用のエレベーターで降りてから、在来線の下をずーっとくぐらないといけないので、結構駅を出るのに時間を要しました。

帰りは北口にタクシーを停めて貰ったので、スムーズに新幹線のプラットホームまで上がれました。

小倉での日豊線への乗り換えはスムーズに済めば大体10分〜15分位でしょうか。やはり20分位の乗り換え時間を見込んだ方が無難でしょう。

2002/06/04(Tue)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]