ヘルメット

事故の時にしていたヘルメット。

この割れ方だと、フルフェイスでなかったら、顎が粉々になっていたかもしれません。

 

身体はぼろぼろになりましたが、このヘルメットのお陰(かな?)で頭だけはほぼ無傷で済んだのでした。

事故直後のCTMRIでも脳へのダメージはなかったそうです。

ばっくり割れた顎のガード

関西医科大学救命救急センターで、ICU から大部屋に移ったとき。

6人部屋の斜め向かいの男性は、僕と同じバイク事故で、首から下は無傷だったんですが、

顎が粉々になって、脳に大きなダメージを受けておられました。声も出ず、意識があるのかどうかも分からないようでした。

僕と正反対の状態ですね。

削れた側頭部

記憶がないので、どうやって頭をかばったかは分かりません。

でも、少なくとも、ちゃんとフルフェイスのヘルメットをかぶって、手袋と皮の靴を着用してライトオンでバイクに乗ってました。

別にバイクに乗らない方が良い!なんて思っていません。

車であれ、バイクであれ、車両に乗っている限り、事故の可能性は多かれ少なかれあるんです。

ただ、せめて、フルフェイスのヘルメット皮の手袋、靴、位は着用した方がいいって事です。

よくジーンズをはいてらっしゃいますが、綿は以外と摩擦に弱く、転倒して何メートルも転がると、確実に穴だらけになって、擦り傷だらけになります。摩擦に耐えられるのは皮しか僕は知りません。化学繊維はもっと摩擦に弱いです。

今、工事用のいわゆる「ドカヘル」が問題になっていますね。顎や側頭部の安全性が低いってことで。

頭はドカヘル(それもちゃんとかぶらず、首にかけているだけ)、ランニングシャツに短パン、手袋はせず、足には雪駄(サンダル)。こういう格好で、実技教習のない(フルブレーキの講習を受けていない)原付バイクの免許で、片手運転でたばこを吸い、ウォークマンを聞きながら(当然周りの音は聞こえにくい)、整備不良(ストップランプやウインカーのライトがつかず、ブレーキワイヤーが伸びきって、タイヤはつるつるに減っている)のスクーターに乗っておられる方、

稲葉の白兎じゃないけど、転倒して体中ずるむけにならないように気をつけて下さいね。本当に。

98/12/10(Thu)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]