国際福祉機器展に行って来ました

国際福祉機器展(財)保健福祉広報協会)に行って来ました。

結局、25日の昼からと26日の1日半で6ホールの全てのブースを一応順番に回りきりました約640社のかなりの数を見たはず。

ものすごい量の情報がどっと集まっていて、帰宅後の現時点で頭の中はむちゃくちゃな状態です。

色々その場で買いたい物も沢山あったのですが、展示会であって即売会では無い為(販売すると出展料が高くなるんだそうで)、カタログや入手先連絡先等をひたすら集めまくりました。

行きは羽田から直接タクシーでお台場のホテルまで直行。(車いすで混雑が予想された為)

羽田空港前のタクシーはワゴンタイプがあって、トランクに車いすも楽勝で乗ります。

普通、天然ガスタイプの中型のタクシーだと、背もたれが畳めるタイプの車いすでないとギリギリトランクに入らないことがほとんどです。

ホテルからゆりかもめで会場まで、ゆりかもめ内は人が一杯で、車いすも沢山乗っておられました。

午後に到着したビッグサイトはエレベーターが小さくて、車いすの上下移動が大変めんどくさい状態でした。

あんなに車いすが沢山あるとしょうがないんでしょうが。

夕方5時に会場が閉まり始めると、どっとみんなが駅方向に押し寄せて、エレベーター前はめちゃくちゃ混んでいたので、(一番まっすぐな誘導路は、2階に上がらないとゆりかもめの駅に行けない)1階から直接外に脱出。東京ベイ有明ワシントンホテルまでとことこ移動して、夕食後、人気が少なくなった頃にがらがらのゆりかもめに始発の有明駅から乗って台場のホテルまで戻りました。

2日目は、さっさと9:30(開場は10:00)に会場に到着して、周囲を散策後。無料巡回バスノンステップバスが丁度停車するのを発見、東京八重洲口からビッグサイトまでリフトバス&ノンステップバスが運行していることも分かりました。開場きっちりの時間にシャッターが上がり始めたらホールに突入。途中2回程トイレ休憩しましたが、さすがに15:00過ぎにダウン。救護室で20分程ベットで休ませて戴きました。

2日目も1日目同様に近くで夕食後、混雑を避けてホテルに戻りました。

25日、26日は、本当に開場とホテルの往復だけでほとんど終わってしまった感じでした。

ちなみに今回はまだまだ体力に不安があった為、弟に介助をお願いして羽田空港からの全ての移動をほとんど車いすを押して貰いました。(勿論ビッグサイト内も)

一人で行って自力で移動していたら、二日目は本当に倒れたかもしれません。

それほど、広く、沢山色々な物と情報が詰まっている場所でした。

情報の整理と、色々欲しい物の購入はこれからするので、福祉機器展で得た情報や商品の細かい報告はぼちぼちしていきますね。

とにかく本当に疲れたので、本日はここまででお許しを。(ー。ー;)

情報って集まるとこには集まっているもんだとつくづく感じた福祉機器展でした。

2001/10/28(Sun)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]