長崎グラバー園バリアフリー化

長崎に行って来ました。まずは

グラバー園がバリアフリー化されたとの情報を新聞で知っていたので、トライ。

グラバー園には駐車場が無いので、宿から直接タクシーで。

初めての方は必ずタクシーで行かれた方がいいです。というのも、グラバー園には高低差50mある為、車いす専用のモノレールがあります。

タクシーだと確実にそのリフトの前まで連れて行って貰えます。それに、はっきり言ってグラバー園まで車で行く道がややこしすぎます。

←(車いす専用モノレール)

←(こんな感じで登ります)

リフトを上がると、管理事務所の方から車椅子用ルートの紙を戴けます。で、登りはいいのですが、下りの坂がキツイからと、かなり強くグラバー園所有の電動車いすに乗り換えることを勧められます。電動車いすには電磁ブレーキがかかるからです。

←(車椅子用ルートの紙)

←(至るところに車いすマークの誘導あり)

丁重にお断りして、ルートに従って旧グラバー邸前を通り抜けると、歩く歩道が二つ連続してあって、一番頂上の旧三菱第二ドックハウスまで登れます。歩く歩道は車椅子一人ではかなり危ないので、必ず介助者が必要。介助者がいない場合は歩く歩道の側に呼び出し電話があるので、管理事務所の係員を呼んで介助をお願いします。

←(歩く歩道)

←(グラバー園から見た長崎の風景、すごい坂に沢山建物が立ってます)

←(旧三菱第二ドックハウス前で記念撮影)

そこからぼちぼち下っていきます。

←(床にもこんなマークがあちこちに)

←(トイレはオストメイトも対応の車いす対応。子供用の便器まであり。)

はっきり言って坂がキツくて下りは手動車いす一人では危険で無理です。介助者も女性ではキツイかも。今回は弟と一緒に行ったのですが、下りはかなり辛かったみたいです。

←(旧三菱第二ドックハウスから降りるスロープ)

車椅子で入室できる建物は

旧グラバー邸

旧三菱第二ドックハウス(1階のみ)

旧ウォーカー邸

旧リンガー邸

長崎伝統芸能館(一旦外に出てから、一般客の出口側から入れます。)

 

なかなか興味深い経験でした。もう一度繰り返しますが、手動車いすの方は下りで介助者にかなり負担がかかります。ご注意を。

2003/06/22(Sun)作成

[トップページへ]