ゴスペラーズを見てきました。

この身体になって初めてコンサートに行ってきました。

 

大分のコンパルホールで10月9日ゴスペラーズのコンサートがあったのでぴあでチケットを頼みました。

チケットはあったのですが、車椅子用のチケットはないとのこと、問い合わせていただいたところ

コンパルホールには車椅子用のスペースが4人分ほどあり、普通の指定席を買ったらそこに誘導していただけるとのこと。

当日、チケットを渡してそのことをスタッフの人に話したら、「うーん。」と考え込んでしまったので何でか聞いたら、

「観客が総立ちになるとそこのスペースでは多分見えないだろう。」とのこと。

で、みんな総立ちになっても何とか見える場所を見つけて貰って、そこまでまたまた階段を担いで運んでいただきました。

コンサートホールは普通階段状になっていますから車椅子での移動は殆ど不可能なんですね。

コンサート中、何度かスタッフの方が「大丈夫ですか?」と様子を見に来て下さいました。

お陰で楽しい時間が過ごせました。ありがとうございました。

 

「傘をあげる」を歌っていて、安岡優さんが僕の場所まで来て下さって、傘ならぬ不二家のパラソルチョコを下さいました。

証拠の品

お客さんのほとんどが若い女性で、男性はアベック以外ほぼいませんでした。

男性で1人で車椅子だと随分目立ってたようです。


コンサート終了後

コンパルホールの横の有料駐車場に車を止めてたんですが、軽自動車用だったみたいで車止めを乗り越えて止まってました。

駐車料金を払ってから車に乗り込むシステムなんですが、

びっくりしたのは駐車料金を払ったら、3分以内に車をださないと車止めが又上がってしまうシステムになっていたこと。

料金入れに何とか手は届いたんですが、お釣りは出ないし、千円札は使えないし、小銭を手に入れるために横の自動販売機でお茶を2缶買う羽目になりました。

荷物も入れて、ドアも開けて置いて、料金を払ったら急いで乗り込みました。出られたということは3分以内に乗り込めて発進出来たんだと思います。

 

乗り込んで、

車椅子を取り込んで、

助手席のシートを直して、

電動シートをドライブポジションに合わせて、

ドアを閉めて、

シートベルトをして、

エンジンをかけて、

電動のパーキングブレーキをはずして、

ライトオン、

サイドミラーを開いて、

シフトチェンジ後、

発進。

 

これだけの操作を一体何分でやったんだろう?

今度正確な乗り降りに必要な時間を測っておきますね。

帰宅までゴスペラーズのアルバムを聴きながら心地よい余韻の中ドライブを楽しみました。

 

PS

ご存じ無い方の為に、

ゴスペラーズはニュースステーションのオープニングを歌っているグループです。

98/10/10(Sat)体育の日!

 

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]