障害を持つ人へのエチケット

青森市 福祉部 福祉ガイドブック 平成8年度●障害を持つ人へのエチケット

というリンクから。 

◆障害を持つ人へのエチケット

1

障害者に対するお手伝いは人間として当然の行いです。特に意識することなく、ごく自然な気持ちでお手伝いしたいものです。

2

人間ひとりひとりが千差万別であるように、障害者ひとりひとりもすべてちがう人間です。「障害者」とひとまとめに考えるのは混乱のもとです。ひとりひとりが別々の人格であることを認識することが、障害者に対'するエチケットの基本です。

3

障害者のお手伝いをするときは、まず声をかけることが大切です。黙っていきなり身体にふれたり、車いすを押したりするのは失礼でもあり、相手を驚かせたりすることになります。

4

障害者が困っているのを見かけたら、その人が何をしてほしいのかを聞くことが大切です。

5

障害者を特別視したり、無能力扱いをしないことが、障害者に対してもっとも理解ある態度です。同情にもとづく言動は控え目に、必要なときには心よくお手伝いしてください

簡潔によくまとまっているなあ。と思ったので、載せちゃいました。(赤色強調はサワグチによるものです。

1999/06/17(Thu)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]