ラウムのドアのストラップ

腹筋、背筋が全く効かないサワグチは、本来の運転席のドア内側のグリップに手が届きません。

いつも、パワーウインドウのスイッチがある部分のへこみに無理矢理指を引っかけていつもドアを閉めていました。

←(改装前)

で、ドアにストラップを着けて貰いました。運転席に乗り込んで自然に手を伸ばすと、身体を無理に傾けなくても丁度指が届いてとても楽にドアが閉められるようになりました。

←(ストラップ、奥に見えるスイッチのへこみに以前は指を引っかけてました)

2002/01/09(Wed)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]