デジカメ

デジタルカメラ。

デジカメを最初に買おうと考えたきっかけは、入院中、カメラの現像が自由に出来ないので、コンピューターとプリンタがあれば、写真の管理が出来ると考えたのでした。もう一つは、デジカメをメモ代わりに使ってみたかった。コンピューターはあったので、早速、C-400Lを買ってきて貰いました。35万画素で、メモリーは交換が出来ない。640×320で20枚しか撮れなかったりしますが、最初はこれで十分でした。外出する機会があまりなかったので、撮影枚数も一回十数枚程度でしたから。現在の愛機はC-820L(81万画素)。何処に行くにも必携です。8MBのメモリーカードをさして、電池の予備をワンセット持って。ホームページの画像も全部これで撮影しました。お陰で最近は、普通のカメラで全く撮らなくなりました。葉書の写真印刷。プリクラシール。僕が元気でいる証拠を友人・知人に知らせるのにとても役立ちました。

特に現在の愛機は、メモ代わりにしっかり使っています。行った場所のスロープ情報などを残すのにはとっても便利です。

各画像に題名を打ってコンピューターに入れておけば、検索がとても便利。

 

ps.現在の愛機はC-840L(130万画素)になり、プリンターもPM750Cを購入。A4サイズまでなら問題ないプリントです。

メモリーカードは16MBになりました。

 

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]