ベッド

サワグチの使っているベッドは、

パラマウントベッドの在宅ケアベッド

http://www.paramount.co.jp/

KQ-603 キューマアウラベッド(2モータータイプ)

¥255000(購入時の定価)

です。(通商産業省選定、グットデザイン商品だそうです)

確かほぼ九割給付で購入した記憶があります。

組立式で、持ってきてくれた業者の人が一人で運び込んで、一人で組み立てていってくれました。

この電動ベッドは、手元のスイッチでギャッチアップとベッドの高さとが操作出来ます。

ギャッチアップは自力で起きあがるのが大変なサワグチには便利な機能です。

又、ベッドの高さのコントロールは、車いすの座面との高低差を無くすのに必要不可欠な機能です。

真ん中の辺の枠が無いので、車いすが寄りやすく、車いすとベッドとの隙間を最小限に押さえられます。

1台目の車いすの頃は、それでも車いすのステップが引っかかって車いすとベッドとの隙間に時々お尻がはまったりして結構難儀しました。2台目の車いすは、ステップの改良などによって車いすとベッドとの隙間がかなり小さくなったので、ほとんどお尻ははまらなくなりました。3台目になると、はまる隙間がほぼ無くなりました。

ベッドサイドレールは、左右2本ずつにして、乗り降りする側のみ、真ん中あたりをカットして貰いました。(サイドレールのパイプをカットする工具があるんです。)

乗り降り専用の介助バーなる物はあるのですが、1本何万円もする代物なので安上がりで済ませました。

普通のベッドサイドレールなら、2本組みで定価9000円で済みます。サワグチの場合は4本必要なので定価で18000円必要ですが、それでも介助バー1本ぶんの値段以下で済みました。

カットした側を外側にひっくり返して実際は使ってます。

ギャッチアップしたところ。

2000/08/26(Sat)作成

障害者についての情報はWE'LL NET

[トップページへ]