抜釘しました

 ホームページの更新がここ数ヶ月ほどなかったですが、1月21日から2月5日まで、大分大学医学部付属病院整形外科病棟に約12年前に背中に入れた棒を抜く為に入院しておりました。m(__)m
退院後1週間程療養。2月12日よりぼちぼち勤務開始。やっと手術前の生活に近づきつつある状態です。

術後、何が変化したかといいますと、とにかく首が回る。後ろが見える。
車の運転が楽になりましたね。ホント。横すらまともに向けなかったので、以前は左車線に車線変更するのがとっても苦手だったのですが、かなりストレスが減りました。
それと、首が後方にちゃんと曲がるので、寝るときの枕が低くなりました。
入っていた棒が頸椎5番にワイヤーで固定されていた為に、地面からの振動がモロに首に響いていたのですが、今は全然そんなことはなくなりました。
これは、サワグチにとってはとても凄いことでして、外出時にこの振動の為身体に疲れが溜まり、時には旅行の日程すら変更しなければならないこともしばしばあったので、それがなくなるということは今後旅行がもっともっと色々楽しめる余力が出来たということになるんです。

まだまだ体調は万全ではなく、両肩にホッカイロを張りながらの勤務をこなす日々ではありますが、「どっか旅行行きたいな!」っという意欲がぼちぼちもたげつつある今日この頃です。
(∩_∩)

2008/02/18(Mon)作成

[トップページへ]